Googleペナルティって現実にあります!

Googleペナルティって言葉、一度は聞いたことがあるかと思いますが、まさか自分のところには関係ないと考えていませんか?意外と身近で受けているケースもあります。

軽いところでは、検索ランクが下がる。重くなると検索結果ランクダウンや結果に表示されない。つまり検索インデックスから除外されてしまう。さらに、マルウエアがサイトに仕込まれたりすると検索からのアクセスはゼロになりますし、chromeをお使いの場合、レッド画面で警告が表示されます。

Googleペナルティとは、

品質に関するガイドラインに目を通されますようお願い致します。このガイドラインでは、Google のインデックスから完全に削除されるか、あるいはアルゴリズムまたは手動によるスパム対策の影響を受ける可能性のある不正行為について説明しています。スパム対策が実施されたサイトは、Google.co.jp や Google のパートナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。

次のような手法を使用しないようにします。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • 不正なリダイレクト
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイトほか

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)より抜粋

上記以外では、ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み。フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成。リッチ スニペット マークアップの悪用。Googleへの自動化されたクエリの送信。がリストされています。

「フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成」この場合、上記のレッド画面での警告表示となります。

 

私どもの経験では、上記引用のリストにある手法をとるサイトは、ランクダウンやインデックスから除外されます。正しく対処をしないと(期間的にも早いほうがよい、ガイドライン違反を継続した期間が長い、つまり、そのまま放置ですと意図的に検索結果を誘導する目的であると判断されます)継続的にランク向上が望めず、つまり、ガイドライン対処を実施しても検索からの評価を改善できない事があります。

ドメイン変更をしたケースも現実にありますし、ドメインを変更した場合、リダイレクトするのか?という質問もあるかと思いますが、リダイレクトしますと、検索の評価を引き継いでしまいますのでマイナス評価を引き継ぐ事になります。なので、結局当初のドメインは使用できない事になります。

さらに、新規のドメインになりますので、検索からの評価もゼロからのスタートなります。これは、検索からの集客には大きなマイナスです。

 

検索からの評価を獲得するために、リンクプログラムへの参加という事は、昨今はほとんどないとは思いますが、そういった提案をする業者さんも一部にはいるようです。リンクプログラムと誘導目的のページDoorWeyPages(日本ではサテライトサイトとも呼ばれています)を組み合わせたサービスは未だに営業メールが届いております。(弊社にではなく弊社顧客のところにです)

リンクプログラムとは

  • PageRank を転送するリンクの売買。これには、リンク、またはリンクを含む投稿に対する金銭のやり取り、リンクに対する物品やサービスのやり取り、商品について書いてリンクすることと引き換えに「無料」で商品を送ることなどが含まれます。
  • 過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。
  • アンカー テキスト リンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクル マーケティング キャンペーンやゲスト投稿キャンペーン。
  • 自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成すること。

Search Console品質に関するガイドライン「リンクプログラム」より抜粋

よくわかりづらい点も多いと思いますが、PageRankという発想でwebサイトやwebページを評価付けしています。正しい評価を阻害するような手法の一つとして「リンクプログラム」があります。そもそものPageRankの発想を理解することで、今のGoogleがwebページを評価する仕組み(の一部が)が垣間見えるかと考えます。

PageRank アルゴリズムの発想は、引用に基づく学術論文の評価に似ている。

  1. 学術論文の重要性を測る指標としては、被引用数がよく使われる。重要な論文はたくさんの人によって引用されるので、被引用数が多くなると考えられる。同様に、注目に値する重要なウェブページはたくさんのページからリンクされると考えられる。
  2. さらに、被引用数を用いる考え方に加えて、「被引用数の多い論文から引用されている論文は、重要度が高い」とする考え方が以前から存在した。ウェブページの場合も同様に、重要なページからのリンクは価値が高いと考えられる。
  3. ただし、乱発されたリンクにはあまり価値がないと考えられる。リンク集のように、とにかくたくさんリンクすることを目的としている場合には、リンク先のウェブページに強く注目しているとは言い難い。

wiki「ページランク」より抜粋

つまり、多くの引用元になる論文(webページとも)は、評価に値する。そこを悪用したのが、リンクプログラムであったりDoorwatPageということです。

 

ペナルティ解除方法

私どもの経験で、どうしても検索からの評価が改善できないというサイトのSEOに対応したことがありますが、外部リンクを調査しますと、リンクプログラムサイトからの大量のリンクであったり、意図的に当該サイトへの誘導を目的としたDoorwayPage(サテライトサイト)が見つかるケースがありました。

それら外部のサイトのリンクを外して頂く交渉を進めますと、リンクを削除に対して作業料の請求が発生したり、サテライトサイトの削除にも作業料請求されるケースがありました。

こいういったケースは、Search Consoleから、リンク除外(否認)申請後に、再審査申請をすることで改善できるケースがありました。

問題のなさそうなサイトでも、外部リンクの調査をして、上記のようなガイドライン違反のリンクを解除することで、さらなる検索からの評価獲得になるケースもありますので、一度、どういったサイトからリンクされているのか?これを調べてみる事も重要です。

 

具体的に、どのようにバックリンク(外部からサイトへのリンク)を除外・否認するか?ですが、

バックリンクを否認する(Search Consoleヘルプ)
https://support.google.com/webmasters/answer/2648487?hl=ja

ここに書かれています。再審査請求は、サーチコンソールにアラートされたリンク内に手順が書かれています。ただ、手順通り進めても意外とスムーズに解除されないケースも沢山あるようです。

バックリンク解除申請(Search Consoleヘルプ)
https://support.google.com/webmasters/search?q=%E8%A7%A3%E9%99%A4%E7%94%B3%E8%AB%8B

上記リンクをご覧いただけるとおわかりかと思いますが、スムーズに解除されないケースは多いのです。ご注意ください。

サテライトサイトは有効なのか?

サイトライトサイトについて質問をいただきましたので、簡単ですが回答をします。

サイトライトサイト(Satellite Site)とは、以下インプレスの「web担当者Forum」の用語ページから引用しています。

衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトのこと。

(中略)メインサイトにリンクを張ることで、メインサイトの被リンク数を増やして順位を上げることを狙うもの。メインサイトの順位を上げたい検索キーワードを入れたアンカーテキストでリンクを張ることも多い。

(中略)内容的に関連性の低いサイトからのリンクの評価が下がっていることを考えると、以前よりもサテライトサイトのSEOにおける効果は下がっているとも言われる。

web担用語集「サテライトサイト」より抜粋

さらに、GoogleWebmasterのフォーラム、しかも2012年の投稿には、

「ウェブマスターの方々の中には、ここまでの説明を読んで、実際ご自身の管理しているページに誘導ページに該当するものがあるかどうか、気になる方もいらっしゃることでしょう。その場合、検索エンジンがなかったとしても、そのようなページを作ったかどうか、考えてみてください。

Google ではあくまでユーザーにとってそのページを訪れる価値があるかという観点から判断をおこなっています。

本当にユーザーのために作られたページと、検索エンジンからの誘導のみを目的としたページとでは、手のかけ方に大きな違いがあることを Google は認識していますのでご安心ください。」

(中略)検索エンジンからの誘導にフォーカスするのではなく、あくまでユーザーにとって独自の価値があるサイト、ページを提供することを考えていただければ、それがすなわち「誘導ページにあたらないサテライトサイト」と言えるかと思います。

Googlewebmasterのフォーラム"「誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です」を掲載しました。"より抜粋

ただここで注意すべきポイントがあります。サテライトサイトがすべて良くないサイトなのか?ではなく、検索からの誘導にフォーカスしたサイトが良くない(検索からの評価を落とす)のです。

こういったサイトをDoorway Site(もしくはDoorway Pages)と呼んでいます。

Doorways are sites or pages created to rank highly for specific search queries. They are bad for users because they can lead to multiple similar pages in user search results, where each result ends up taking the user to essentially the same destination.

(日本語訳)誘導ページは、特定の検索キーワードで検索結果の上位に表示されることを目的に作成されたサイトまたはページです。誘導ページにより、類似する複数のページが検索結果ページに表示され、どの検索結果からも同じ内容のサイトやページにユーザーが誘導されるため、ユーザーの利便性が妨げられることになります。

Search Console "Doorway Pages"より抜粋

つまり、検索での上位表示を目的として作成されたサイトやページのことで、内容が薄く特定のページへの誘導(リンク→リンク先のアクセス獲得)を目的としたサイトやページをDoorway pagesと呼んでいます。

サテライトサイトが完璧にNGというのではなく、その目的が上記ようなケースは検索からの評価を下げることになります。サテライトサイトだけではなく、リンク先の本体サイト自体の評価も下げてしまうことになるケースが多い(まず間違いなく評価を落とします:私見です)ので、本当に注意が必要です。

 

以下のGoogleウェブスマスター向け公式ブログでも、日本でいうところのサテライトサイトは、「特定のサイトに誘導する目的のサイト」及び「ユーザーに独自の価値を提供しないページ群」としてガイドライン違反としています。

(中略)その中で今回は日本でも多く見られるケースとして、誘導ページ(ドアウェイ、Doorway) についてご説明したいと思います。

誘導ページとは、ユーザーを特定のサイトに誘導したり、資料請求などをさせたりすることだけを目的に作られた、ユーザーに独自の価値を提供していないページ群のことをいいます。(いわゆる「サテライトサイト」の中にも、誘導ページにあたるものが多くあります。)

Googleのウェブスマスター向け公式ブログより「誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です」より抜粋

ここ

DtAサポート

 

Webサイト(ホームページ)で、成果をあげるには何が必要なのか!

 

ドメイン / Domein 
サーバ / Server 
人材 / Manpower 

(私どもの確信!)
結論、効率的なWebサイトの管理+運用です!

 

DtAサポートは、サーバ+ドメインとセットで以下の内容について対応いたします。

1)WordPressのスパムアタックやマルウエア対策。(バックアップ+アップデート含みます)
2)最適コストでサイト運営(原稿やニュース追加・サイト改善)。
3)SEOほか、インターネットでの不明なや困ったに対してメール及び音声通話でサポートいたします。※音声通話の場合、事前に日時を決めて相互にPCを前にSkypeやHangoutほかで対応いたします。

 

基本:月間2時間のWeb作業料+サーバ使用料+ドメイン使用料

2時間でも意外と多くの作業ができます。作業内容は、onedriveにて共有いたします。

DtAサポート料金について

初期費用:3万円/初回のみ(サーバ移転作業を含みます)
月間サポート料:1万円(2時間のWeb作業を含みます)

※追加Web作業は難易度に応じて追加1時間2,500円〜8,000円です。(追加見積の例:サイト内文言の書き換えは2,500円/h、システムやdbに影響する作業及び難易度の高いSEO対応は5,000円/h以上)
1つのドメイン以外にサブドメイン使用の場合、追加となります。他社からサブドメイン移転の場合も初期費用が必要です。DNSの変更や管理など対応でます。作業時間の超過に関しましては、翌月に繰り越しも可能ですが、解約時に精算をお願いいたします。(1時間4,000円での計算となります)

(上記すべて税別)
初期費用・サポート料・追加作業料は、銀行振り込みによる前払いになります。

 

 

2時間で不足な場合はこちらのオプションチケットをご検討ください。

オプションチケット )
DtAオプションチケットA(追加3時間版):1万円/1ヶ月
DtAオプションチケットB(追加6時間版):2万円/1ヶ月

 

 

想定するWeb作業内容

以下の作業すべて時間計算で対応します。ですので、設定しました作業時間を超える場合、都度見積をさせていただく、もしくは、追加オプションの購入をお願いいたします。

  1. WordPressなどCMSのセキュリティを考慮したインストール及び定期的なアップデート。
  2. サイトの文言や画像の変更や追加・削除。
  3. 画像サイズや型式の最適化→サイトに掲載や差し替え。
  4. Webページの追加や削除・移動(URL変更にともなうhtaccess最適化対応)
  5. Webフォーム(お問合せフォーム)の設置。
  6. サイトデータ及びdb(データベース)のバックアップ(日程の調整の上で)。
  7. 検索サイトからの評価改善施策(基本版です。本格的なSEOはこちらです)。
  8. アクセス解析やSearchConsole(旧ウェブマスターツール)の設定
  9. FTP及びメールアカウント発行やパスワード変更対応。転送設定対応。
  10. お問合せフォームからの営業メール対応。(要約して定期的にお伝えします。問合せ先にも対応いたします)
  11. キーワード毎の検索ランクの定期的な取得→レポート提出。
  12. 初期費用にサイトの移転作業を含みます。(WordPress他対応)
  13. Googleマップ、facebookページ、Instagram、YouTube、の設置。

上記以外にも作業内容ご要望がございましたらお伝えください。作業時間が超える事が想定される場合、事前にご相談→お見積をさせていただきました上で作業をいたします。

 

※)特にWordPressのセキュリティ部分は、アクセス状況を随時監視することで最適な設定を実行いたします。つまり、無用にレベルの高い設定ではなくアクセス状況やスパムアタック状況によりセキュリティレベルを調整いたします。これは、セキュリティレベルをあげる事で運用時の扱いにくさも高くなるケースがあるからです。

 

DtAサポート料金について

初期費用:3万円/初回のみ(サーバ移転作業を含みます)
月間サポート料:1万円(最大2時間のWeb作業を含みます)

※追加Web作業は難易度に応じて追加1時間2,500円〜8,000円です。(概算:サイト内文言の書き換えは2,500円/h、システムやdbに影響する作業及び難易度の高いSEO対応は5,000円/h以上)
サブドメイン使用の場合、年間使用料1年分となります。他社からサブドメイン移転の場合は初期費用が必要です。

(上記すべて税別)
初期費用・サポート料・追加作業料は、銀行振り込みによる前払いになります。

 

 DtAサポート詳細 

 

以下のお問い合わせの「新規のご相談」から
 ご相談:DtAサポート 

スパムメール対策

 

最近では、セキュリティソフトの能力向上とspamリストの共有が進んだため、かなり少なくなりましたが、まだ、一部でスパムメールでお困りの方がいらっしゃるようですので、こちらの方法をお試しください。(一部は弊社のDtAサポートサービスについて書いています)

 

( 2017年1月27日追記 )

昨今、スパムメールも進化したのか送信元のドメインが存在しないケースが多々ありました。これはメールの返信を求めているのではなく、メール文中に書かれたリンクへのアクセスを求めているのです。なので、フィルタリングする際には、本文中の特定ドメインへのリンクがあった場合、スパムと判定して特定のフォルダに移動という設定がよいかと思います。

 

メールアプリケーションで
送受信している方について、
方法は、大きく3つ。

1)PCにインストールしているセキュリティソフトのスパムメール振り分け機能を利用する。

・GDATA
http://sv20.wadax.ne.jp/~gdata-co-jp/support/faq/archives/2012/01/6_8.htm

・ESET
http://eset-support.canon-its.jp/faq/show/190?site_domain=private

・Kaspersky
http://www.kaspersky.co.jp/

上記セキュリティソフトでは、スパム(もしくはspam)といった文字を受信メールの件名に追記されるので、お使いのメールアプリケーションのフィルタリングなどの振り分けで、スパムフォルダに移動する。

windowsメールでのフィルタリング設定
http://m-wake.com/wake/windows.html
http://salt.iajapan.org/wpmu/anti_spam/universal/mailreader/windows-live/

 

2)サーバの設定で、スパムフィルタを使用する。

サーバの設定で、「迷惑メールフィルタ」というのがありますので設定します。

デメリットがあって、通常のメールがこのフィルタにかかってしまうケースが結構あります。その場合、ホワイトリストに登録することで解消されます。

スパムメールなのに、スパム判定されないメールは、ブラックリストに登録する必要があります。

ホワイトリストもブラックリストも、すべて手動で実行する必要があるので作業が発生してしまいます。

 

3)spam学習機能を使う。例としてWindows Live Mail
http://salt.iajapan.org/wpmu/anti_spam/universal/mailreader/windows-live/

すでにspamメールが届いているのであれば、その発信元のメールアドレスをフィルタ設定して、特定のフォルダに移動させる、もしくは、ゴミ箱に直行といった設定が可能です。

この場合、メールアドレスを登録しても、以下のようなケースですと何度も設定をしなければならなくなりますので、その場合は、@を含むドメイン部分をフィルタ設定するとよいと思います。

example111@spam-mail.com
example222@spam-mail.com

上記ケースですと、同じ送信元から違ったアドレスを使って送信していますので、仮にフィルタ設定で、

example111@spam-mail.com

このアドレスを設定しても、別のアドレス

example222@spam-mail.com

から送信された場合は、フィルタが効きませんので、再度設定する事になり手間になります。

この場合は、

@spam-mail.com

このドメインを含む@以降をフィルタ設定する事で、上記ドメインからのメールはすべてスパム判定されます。

 

ここで、問題になってくるのが、送信元のドメインが、一般的なドメイン、例えば、gmail.comやhotmail.comの場合、これは一つ一つ、フィルタ設定する事になります。

 

2017年1月追記)また、送信元のアドレスが存在しないケースも増えてきました。つまり上記の設定によりスパム判定されてしまうようになった為、ターゲットにメールを届けられなくなったようで、存在しないドメインからの送信メールが届くケースもでてきました。その場合、メール文中に、スパムリンク、例えば、6url.ruといったスパムのリンク先があるのですが、このリンク先をメール部中にあるメールをスパムと判断するようフィルタリングすることで対応可能です。

 

ブラウザメールを
お使いの場合

上記のspam学習機能に近いのですが、spamメールをフィルタリングして、spamフォルダに自動で移動させる方法がよいかと思います。つまり、届いたメールをspamであると指定すると次回から、そのアドレスや文中にスパムリンクを含むメールは、スパムフォルダに自動で振り分けられます。

こういったスパム判定の情報は、共有されていて、この共有度合いといいますか、多くの人がスパムと判断した、つまり、そのメールはスパムといういった判定が自動で行われるようになります。

 

( 余談ですが )

スパムメールは、沢山届いた時期がありましたが、最近は激減しています。つまり、それだけセキュリティソフトのスパム判定の能力が高くなったので、送信する側からすれば、ほぼ送信する意味がなくなってきたと考えられます。

以前、本当にスパムメールが多かった時期は、送信されたアドレスやドメインのフィルタ設定に、自動返信として、そのアドレスが存在しないというサーバが自動で返信するような内容のメールを設定していました。

こうすれば、送信側も、このアドレスは存在しないと判断するので、送信リストからは外されるでしょう。