DtAサポート

 

Webサイト(ホームページ)で、
成果をあげるには何が必要なのか!

 

ドメイン / Domein 
サーバ / Server 
人材 / Manpower 

(私どもの確信!)
結論、効率的なWebサイトの管理+運用です!

 

DtAサポートは、サーバ+ドメインとセットで以下の内容について対応いたします。

1)WordPressのスパムアタックやマルウエア対策。(バックアップ+アップデート含みます)
2)最適コストでサイト運営(原稿やニュース追加・サイト改善)。
3)SEOほか、インターネットでの不明なや困ったに対してメール及び音声通話でサポートいたします。※音声通話の場合、事前に日時を決めて相互にPCを前にSkypeやHangoutほかで対応いたします。

 

基本:月間2時間のWeb作業料+サーバ使用料+ドメイン使用料

2時間でも意外と多くの作業ができます。作業内容は、onedriveにて共有いたします。

DtAサポート料金について

初期費用:3万円/初回のみ(サーバ移転作業を含みます)
月間サポート料:1万円(2時間のWeb作業を含みます)

※追加Web作業は難易度に応じて追加1時間2,500円〜8,000円です。(追加見積の例:サイト内文言の書き換えは2,500円/h、システムやdbに影響する作業及び難易度の高いSEO対応は5,000円/h以上)
1つのドメイン以外にサブドメイン使用の場合、追加となります。他社からサブドメイン移転の場合も初期費用が必要です。DNSの変更や管理など対応でます。作業時間の超過に関しましては、翌月に繰り越しも可能ですが、解約時に精算をお願いいたします。(1時間4,000円での計算となります)

(上記すべて税別)
初期費用・サポート料・追加作業料は、銀行振り込みによる前払いになります。

 

 

3時間で不足な場合はこちらのオプションチケット「DtAサイト運営」をご検討ください。
オプションチケット:DtAサイト運営 )
DtAサイト運営A(毎月3時間版):1万円/1ヶ月
DtAサイト運営B(毎月6時間版):2万円/1ヶ月

※最短6ヶ月の契約となります。

 

想定するWeb作業内容
以下の作業すべて時間計算で対応します。ですので、設定しました作業時間を超える場合、都度見積をさせていただく、もしくは、追加オプションの購入をお願いいたします。

  1. WordPressなどCMSのセキュリティを考慮したインストール及び定期的なアップデート。
  2. サイトの文言や画像の変更や追加・削除。
  3. 画像サイズや型式の最適化→サイトに掲載や差し替え。
  4. Webページの追加や削除・移動(URL変更にともなうhtaccess最適化対応)
  5. Webフォーム(お問合せフォーム)の設置。
  6. サイトデータ及びdb(データベース)のバックアップ(日程の調整の上で)。
  7. 検索サイトからの評価改善施策。
  8. アクセス解析やSearchConsole(旧ウェブマスターツール)の設定
  9. FTP及びメールアカウント発行やパスワード変更対応。転送設定対応。
  10. お問合せフォームからの営業メール対応。(要約して定期的にお伝えします。問合せ先にも対応いたします)
  11. キーワード毎の検索ランクの定期的な取得→レポート提出。
  12. 初期費用にサイトの移転作業を含みます。(WordPress他対応)
  13. Googleマップ、facebookページ、Instagram、YouTube、の設置。

上記以外にも作業内容ご要望がございましたらお伝えください。作業時間が超える事が想定される場合、事前にご相談→お見積をさせていただきました上で作業をいたします。

 

※)特にWordPressのセキュリティ部分は、アクセス状況を随時監視することで最適な設定を実行いたします。つまり、無用にレベルの高い設定ではなくアクセス状況やスパムアタック状況によりセキュリティレベルを調整いたします。これは、セキュリティレベルをあげる事で運用時の扱いにくさも高くなるケースがあるからです。

 

DtAサポート料金について

初期費用:3万円/初回のみ(サーバ移転作業を含みます)
月間サポート料:1万円(最大2時間のWeb作業を含みます)

※追加Web作業は難易度に応じて追加1時間2,500円〜8,000円です。(概算:サイト内文言の書き換えは2,500円/h、システムやdbに影響する作業及び難易度の高いSEO対応は5,000円/h以上)
サブドメイン使用の場合、年間使用料1年分となります。他社からサブドメイン移転の場合は初期費用が必要です。

(上記すべて税別)
初期費用・サポート料・追加作業料は、銀行振り込みによる前払いになります。

 

 DtAサポート詳細 

 

以下のお問い合わせの「新規のご相談」から
 ご相談:DtAサポート 

スパムメール対策

 

最近では、セキュリティソフトの能力向上とspamリストの共有が進んだため、かなり少なくなりましたが、まだ、一部でスパムメールでお困りの方がいらっしゃるようですので、こちらの方法をお試しください。(一部は弊社のDtAサポートサービスについて書いています)

 

( 2017年1月27日追記 )

昨今、スパムメールも進化したのか送信元のドメインが存在しないケースが多々ありました。これはメールの返信を求めているのではなく、メール文中に書かれたリンクへのアクセスを求めているのです。なので、フィルタリングする際には、本文中の特定ドメインへのリンクがあった場合、スパムと判定して特定のフォルダに移動という設定がよいかと思います。

 

メールアプリケーションで
送受信している方について、
方法は、大きく3つ。

1)PCにインストールしているセキュリティソフトのスパムメール振り分け機能を利用する。

・GDATA
http://sv20.wadax.ne.jp/~gdata-co-jp/support/faq/archives/2012/01/6_8.htm

・ESET
http://eset-support.canon-its.jp/faq/show/190?site_domain=private

・Kaspersky
http://www.kaspersky.co.jp/

上記セキュリティソフトでは、スパム(もしくはspam)といった文字を受信メールの件名に追記されるので、お使いのメールアプリケーションのフィルタリングなどの振り分けで、スパムフォルダに移動する。

windowsメールでのフィルタリング設定
http://m-wake.com/wake/windows.html
http://salt.iajapan.org/wpmu/anti_spam/universal/mailreader/windows-live/

 

2)サーバの設定で、スパムフィルタを使用する。

サーバの設定で、「迷惑メールフィルタ」というのがありますので設定します。

デメリットがあって、通常のメールがこのフィルタにかかってしまうケースが結構あります。その場合、ホワイトリストに登録することで解消されます。

スパムメールなのに、スパム判定されないメールは、ブラックリストに登録する必要があります。

ホワイトリストもブラックリストも、すべて手動で実行する必要があるので作業が発生してしまいます。

 

3)spam学習機能を使う。例としてWindows Live Mail
http://salt.iajapan.org/wpmu/anti_spam/universal/mailreader/windows-live/

すでにspamメールが届いているのであれば、その発信元のメールアドレスをフィルタ設定して、特定のフォルダに移動させる、もしくは、ゴミ箱に直行といった設定が可能です。

この場合、メールアドレスを登録しても、以下のようなケースですと何度も設定をしなければならなくなりますので、その場合は、@を含むドメイン部分をフィルタ設定するとよいと思います。

example111@spam-mail.com
example222@spam-mail.com

上記ケースですと、同じ送信元から違ったアドレスを使って送信していますので、仮にフィルタ設定で、

example111@spam-mail.com

このアドレスを設定しても、別のアドレス

example222@spam-mail.com

から送信された場合は、フィルタが効きませんので、再度設定する事になり手間になります。

この場合は、

@spam-mail.com

このドメインを含む@以降をフィルタ設定する事で、上記ドメインからのメールはすべてスパム判定されます。

 

ここで、問題になってくるのが、送信元のドメインが、一般的なドメイン、例えば、gmail.comやhotmail.comの場合、これは一つ一つ、フィルタ設定する事になります。

 

2017年1月追記)また、送信元のアドレスが存在しないケースも増えてきました。つまり上記の設定によりスパム判定されてしまうようになった為、ターゲットにメールを届けられなくなったようで、存在しないドメインからの送信メールが届くケースもでてきました。その場合、メール文中に、スパムリンク、例えば、6url.ruといったスパムのリンク先があるのですが、このリンク先をメール部中にあるメールをスパムと判断するようフィルタリングすることで対応可能です。

 

ブラウザメールを
お使いの場合

上記のspam学習機能に近いのですが、spamメールをフィルタリングして、spamフォルダに自動で移動させる方法がよいかと思います。つまり、届いたメールをspamであると指定すると次回から、そのアドレスや文中にスパムリンクを含むメールは、スパムフォルダに自動で振り分けられます。

こういったスパム判定の情報は、共有されていて、この共有度合いといいますか、多くの人がスパムと判断した、つまり、そのメールはスパムといういった判定が自動で行われるようになります。

 

( 余談ですが )

スパムメールは、沢山届いた時期がありましたが、最近は激減しています。つまり、それだけセキュリティソフトのスパム判定の能力が高くなったので、送信する側からすれば、ほぼ送信する意味がなくなってきたと考えられます。

以前、本当にスパムメールが多かった時期は、送信されたアドレスやドメインのフィルタ設定に、自動返信として、そのアドレスが存在しないというサーバが自動で返信するような内容のメールを設定していました。

こうすれば、送信側も、このアドレスは存在しないと判断するので、送信リストからは外されるでしょう。