SEOと検索結果広告の費用対効果測定として

SEOと検索結果広告との費用対効果を計算する事かできたので、まとめてみました。

(ケースとして)
以下の表の3月まで、弊社ではない他社さんがSEOをしていました。ですので、2月のアクセス数を基本的なアクセス数、つまり、このサイトの潜在的なアクセス数としてみました。

4月以降のアクセス数から、潜在的なアクセスを差し引くことで、弊社の実行したSEOによるアクセス数(純増分としました)が算出されるという仮説です。 続きを読む