サテライトサイトは有効なのか?

サイトライトサイトについて質問をいただきましたので、簡単ですが回答をします。

サイトライトサイト(Satellite Site)とは、以下インプレスの「web担当者Forum」の用語ページから引用しています。

衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトのこと。

(中略)メインサイトにリンクを張ることで、メインサイトの被リンク数を増やして順位を上げることを狙うもの。メインサイトの順位を上げたい検索キーワードを入れたアンカーテキストでリンクを張ることも多い。

(中略)内容的に関連性の低いサイトからのリンクの評価が下がっていることを考えると、以前よりもサテライトサイトのSEOにおける効果は下がっているとも言われる。

web担用語集「サテライトサイト」より抜粋

さらに、GoogleWebmasterのフォーラム、しかも2012年の投稿には、

「ウェブマスターの方々の中には、ここまでの説明を読んで、実際ご自身の管理しているページに誘導ページに該当するものがあるかどうか、気になる方もいらっしゃることでしょう。その場合、検索エンジンがなかったとしても、そのようなページを作ったかどうか、考えてみてください。

Google ではあくまでユーザーにとってそのページを訪れる価値があるかという観点から判断をおこなっています。

本当にユーザーのために作られたページと、検索エンジンからの誘導のみを目的としたページとでは、手のかけ方に大きな違いがあることを Google は認識していますのでご安心ください。」

(中略)検索エンジンからの誘導にフォーカスするのではなく、あくまでユーザーにとって独自の価値があるサイト、ページを提供することを考えていただければ、それがすなわち「誘導ページにあたらないサテライトサイト」と言えるかと思います。

Googlewebmasterのフォーラム"「誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です」を掲載しました。"より抜粋

ただここで注意すべきポイントがあります。サテライトサイトがすべて良くないサイトなのか?ではなく、検索からの誘導にフォーカスしたサイトが良くない(検索からの評価を落とす)のです。

こういったサイトをDoorway Site(もしくはDoorway Pages)と呼んでいます。

Doorways are sites or pages created to rank highly for specific search queries. They are bad for users because they can lead to multiple similar pages in user search results, where each result ends up taking the user to essentially the same destination.

(日本語訳)誘導ページは、特定の検索キーワードで検索結果の上位に表示されることを目的に作成されたサイトまたはページです。誘導ページにより、類似する複数のページが検索結果ページに表示され、どの検索結果からも同じ内容のサイトやページにユーザーが誘導されるため、ユーザーの利便性が妨げられることになります。

Search Console "Doorway Pages"より抜粋

つまり、検索での上位表示を目的として作成されたサイトやページのことで、内容が薄く特定のページへの誘導(リンク→リンク先のアクセス獲得)を目的としたサイトやページをDoorway pagesと呼んでいます。

サテライトサイトが完璧にNGというのではなく、その目的が上記ようなケースは検索からの評価を下げることになります。サテライトサイトだけではなく、リンク先の本体サイト自体の評価も下げてしまうことになるケースが多い(まず間違いなく評価を落とします:私見です)ので、本当に注意が必要です。

 

以下のGoogleウェブスマスター向け公式ブログでも、日本でいうところのサテライトサイトは、「特定のサイトに誘導する目的のサイト」及び「ユーザーに独自の価値を提供しないページ群」としてガイドライン違反としています。

(中略)その中で今回は日本でも多く見られるケースとして、誘導ページ(ドアウェイ、Doorway) についてご説明したいと思います。

誘導ページとは、ユーザーを特定のサイトに誘導したり、資料請求などをさせたりすることだけを目的に作られた、ユーザーに独自の価値を提供していないページ群のことをいいます。(いわゆる「サテライトサイト」の中にも、誘導ページにあたるものが多くあります。)

Googleのウェブスマスター向け公式ブログより「誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です」より抜粋

ここ

検索サイトから評価を獲得するSEO

SEOがシンプルに検索サイトでランクアップの手法と捉えられたていた時代から、顧客からの評価、つまり、ターゲットとなる顧客に対して、自社の正しい評価を獲得する為の「評価される仕組みづくり」が重要なアクションとなる時代に!

顧客のターゲットから評価を獲得するプランニングから実行までできるSEOサービスが求められている時代と捉えています。

DtA Web Marketing は、単純に特定のキーワードが検索で上位に表示されるに限らず、想定したキーワードが顧客のビジネスにとってのポジションについて考えると同時に、ソーシャルをはじめ外部のメディアからの正しい評価を獲得するには、マーケティングをどのようにプランニングして、どのようにチームとして実際にアクションすべきなのか、ここまでを視野入れたコンサルティングを実施します。

 SEOコンサルティングの考え方

実際のコンサルティングは、SEOをご発注いただく顧客の皆さまとの迅速かつ柔軟なチームワークが成功のキーファクターとなってきます。折角、ご発注いただいて、調査→提案(仮説→検証含む)とすすめても、実際の施策を実施(アクション)の部分で、人員がたりない、技術的に困難、では折角の我々コンサルティングの意味がありません。

同時に、SEOは業界構造というのでしょうか?消費者の意識構造というのでしょうか?こういった5フォース(業界の収益性を決める5つの競争要因から、業界の構造分析をおこなう手法)的な視点、ただ、SEOの場合は、消費者の意思決定のフレームワークなので、5フォースの「新規参入」が、消費者の潜在意識になるのかも知れませんが、業界毎に発想をマッチさせる事が重要だととらえています。

DtA Web MarketingのSEOサービスには、こういった人員や実行の部分、業界構造や顧客・市場といったフレームワークの視点でも充分に対応できるリソースの準備と経験があります。顧客との実現可能なアクションを提案+実行いたします。

ご理解いただきたい

コンサルティングSEOを発注してしまえば自然と検索ランクが向上する、といった時代ではない事を「充分にご理解」いただき、チームとなって一緒に取り組んで評価を獲得していく施策である事をご理解いただいた上で、弊社にご相談いただけると相互にベストかと存じております(生意気言って申し訳ない)

御社のご理解ご協力+弊社の技術や実施のお手伝い、この二つで顧客の顧客からの正しい評価を獲得するための施策であるとご理解ください。

コンサルティングSEO

月額15万円(初期15万円) ※最短6ヶ月の契約となります。

戦略的Webサイトやコンテンツの企画設計や運用の提案、そして実際のSEO施策運用まで。サイト運営におけるSEOサポート。

※サイトの規模や状況によりお見積もり変更になります。Googleによるペナルティのケースも同様です。

コンサルティングSEO:詳細

エリア対応ローカル+ベーシックSEO

月額3万円(初期10万円) ※最短12ヶ月の契約となります。

エリア情報と御社サービスメニューを正しく検索サイトに認識させるSEO

※御社サービスメニュー(キーワード)が3件以上の場合、追加のお見積になるケースがあります。御社と関係の薄いエリアですと対応しても検索から評価されないケースもあります。サイトの規模やサイト状況によりお見積もり変更になります。Googleによるペナルティのケースも同様です。

エリア対応ローカル+ベーシックSEO

実績とTips

  1. SEO実績:アクセス数や検索クエリ
    (実際のログ解析やwebマスターツールの画面を公開)
  2. SEO実績:検索のランクアップ+ランク持続
    (検索ランクのグラフを公開)
  3. webサイトの軽量化とその効果について
    (計測ツールの結果を公開)
  4. schemaに対応した構造化データについて
  5. コンテンツ(文章)の構造化について
  6. SSLの有効性について:Googleのアナウンス+SSLの実際の有効性