SEO勉強会資料

勉強会追記link設定版ダウンロード

クリックするとpdfが開きます

 

 

( いろいろメールご返信をいただきまして )

  • 皆さん、インターネットでの情報発信をお考えで、実際になさっている方や始めようとしている方々のようで、土曜にお送りしましたメールにご返信をいただきましてありがとうございます。すべて回答を返信させていただきたいと思ってます。
  • SEOですが、業界別にいろいろと作法やスタイルがちがっていると実感しています。なので、今まで未対応の業界(ほとんどがそうなのです)の場合、私なりに考えての意見ですので、これが100%正解である、というつもりはありません。
  • 自分としましても、よい機会ですので、皆さんの業界やスタイルについて考えるよいタイミングであるととらえております。
  • ちなみに、この記述は、インサートタグ<ins>で追記しています。

 

 

懇親会でお話しさせていただきまして

1)WordPressユーザーがとっても多いこと。
2)WordPress編集時に便利なプラグインについて質問が多かった。
3)自社のサイトを多く方にリーチさせる必要性を皆さんお感じになっている。

この3つです。

 

1)ですが、皆さんにお伝えしたいのは、「wpは、ハッキングされるケースがとても多い」ということです。理由は簡単です。世界中のCMSシェアで50%を超えているのです。wpのハッキング技術を磨いておけば多くのCMSにアタックできる、ということです。

つまり、しらない内に、DoS攻撃(検索しても難解かもしれません)など、他のサイトやサービスへの攻撃元として自社のサイトが使用されてしまう事が多いのです。明確に、表示が壊れる、最悪のケースは、Googleによって表示アラートになるケースもありました。これは、対策・改善(マルウエアやウィルス除去)して、Googleに申請、先方による調査、表示回復となります。

https://dt-a.net/seo/seo-tips/wordpress-secure-setting/
こちらのページ(文字が多いのですが)に設定や方法などリストにしてみました。

WordPressのセキュリティ対策として
シンプルに実行できて重要なのは、

・パスワードを難解にする(必須)パスワード運用スタイルについて(5〜9)
・ログインIDをadmin以外にする(必須)
・お使いのPCには最低限セキュリティソフトをいれ定期的にスキャニングを実行する。

以上です。即チェックされて対応される事を強くオススメします。

もし、ハッキングされて、
マルウエアやウィルスが設定されてしまった場合、

対処には以下の方法しかありません。

  • サーバ(dbを含む)データすべて削除して(感染したデータも残しておいてください、専門家による修復ができる可能性はあります)wp本体、theme、plugin全てを新規にインストール → 再設定する。つまり、今までの投稿・固定ページデータは全て使用できません。サイト非表示の期間は短くすみますが、コンテンツを再構築するのは、少々(かなり?)時間がかかります。

  • 専門家に発注して対処する。昨年の見積の感じでは最低でも30万円かかります。また,対処している間、一定期間サイトが表示できません。

サーバ会社の方で一方的に動作を停止されるケースがあります。(このケースは多いです。メールで連絡がきます。気がつかず未対処ですとサイトは非表示のままになります)

 

ですので、wpの感染関しましては本当にご注意ください。弊社顧客が昨年後半に連続激しいしてWordPressハッキング被害にあいました。そのノウハウを活かしたサービスをしております。(営業はしないとお伝えしましたが、、すみません!ここ数年毎年ハッキングはされています。多くのケースで検索でのランク向上やアクセスが増大してくると発生します。)

https://dt-a.net/support-service/
サーバの使用料ではなく、管理運営費にサーバ料が含まれているというサービスです。

 

2)のプラグインですが、TinyMCE Advancedかと思います。pタグや改行タグによる崩れを防ぐには必須です。インストールするだけではダメでして、設定→TinyMCE Advanced→高度なオプションのにチェックをいれてください。これで解決できます。

もう一つは、全てのページにメタタグのタイトルやディスクリプションを実現する「All in One SEO Pack」です。もしくは「Yoast SEO」です。後者の方は、パンくずリストにも対応していますし、何かとSEO情報に関する発信が多く、SEOに関するネットでの講座なども実施しています。

 

3)自社のサイトを多く方にリーチさせる、ですが、やはり、何ができるのか、自分達はどんなチームなのか、これを発信していく事が重要かと考えています。こうなると、サイトの更新はSEOに影響しますか?という質問にも答えは自然と導かれてきます。

あとは、どうしても検索サイトからの評価は重要です。検索サイトで「上位に表示される」イコール「サイトへの集客向上」この流れは今も続いています。

意外と気がつかずにGoogleのガイドラインに抵触してしまって評価を下げているポイントをお伝えします。.

  • 「重複コンテンツ」の問題です。
    弊社のページ
    https://dt-a.net/seo/seo-tips/overlapping/
    こちらをご覧いただくとおわかりかと思いますが、

    http://www.example.com/
    http://example.com/
    http://www.example.com/index.html
    http://www.example.com
    http://example.com
    上記5つが同じページを表示するケース、多いのです。一度、自社のサイトをご確認されるとよいと思います。これは「重複コンテンツ」となります。

  • 二つ目は「URL設計」です。
    弊社のページの
    https://dt-a.net/seo/seo-tips/seo-url/
    こちらも、意外と気がついていない方が多いのです。

    http://example.com/
    http://example.com/menuA/
    http://example.com/menuB/
    http://example.com/menuA_syousai/
    http://example.com/menuB_syousai/
    http://example.com/menuA_price/
    http://example.com/menuB_price/
    となっていませんか?実は、こういったサイト構成(URL構成)のケースは、とても多いです。サイト構造化はできていません。

    http://example.com/menuA/menuA_syousai/menuA_price/
    もしくは、
    http://example.com/menuA/A_syousai/
    http://example.com/menuA/menuA_price/
    もしくは、
    http://example.com/memu/menuA/A_syousai/
    http://example.com/menu/menuA/menuA_price/
    こういったURL構成にすべきです。

  • あとは、自社のすべてのページソースをご覧いただいてメタタグやタイトルタグに、自社の集客したいキーワードを不自然なくらい多く出現させてはいませんか?自社の考えるワードを、顧客目線のキーワードに考え直す必要があるケースが多いです。

 

上記以外にも、いろいろと検索サイトからの評価を獲得する対策はあります。Wordpressのセキュリティ部分でも大丈夫です。遠慮なくご相談ください。ただしメールにてお願いいたします。電話でのご相談は受けておりません。事前にお時間お約束の上、skypeなどでの打ち合わせ大丈夫です。

 

ブログの構造化についての回答

ブログ投稿を構造化したい、といった相談もいただきましたが、ブログ投稿は、タイムライン(時系列)でURLを構成しているのをご確認いただければ、これを構造化するのはタイムライン以外では成立しにくいようにも思います。それを補完する為に、カテゴリやタグといったカテゴライズやタグ付けができるようになっているのです。(もし、まだご不明な様でしたら、説明可能ですので,ご相談いただければと思います)

http://blog.com/2017/02/17/
http://blog.com/2017/02/18/
http://blog.com/2017/02/19/

といったブログ投稿があって、ここに、exampleAとexampleBというカテゴリで構造化をしたいと考え場合、URLは、
http://blog.com/category/exampleA/
http://blog.com/category/exampleB/

上記URL以下に、投稿したコンテンツを配置する事になりますので、やはり、管理システムにあるカテゴリを活用されるのがよいかと思まず。タグに関しても同じです。

もし、ブログで構造化をしたい場合、固定ページでのページを追加される事をオススメします。(この機能があるのでしょうか?WPにはあります)

http://blog.com/exampleA/001page/
http://blog.com/exampleA/002page/

といったexampleAというカテゴリ(メニュー)の001pageといった構造にするのがよいでしょう。理由は、今回の勉強会のタイトルとおりSEO的、つまり検索サイトからの評価を得る方法で有効なスタイルを提示しています。

exampleAというキーワードで評価を得たいと考えた場合、examoleAというディレクトリは、まさにその内容のコンテンツである、という事です。例として、exampleAを東横線としてた場合、

http://blog.com/東横線/マンション/ヘット可/

といった様なURLで構造化する事で、上記URLは、東横線沿線にあるペット可のマンションのコンテンツであると認識されやすいからです。これが、

http://blog.com/2017/02/17/

これでは、2017年2月17日の投稿記事といった認識になる可能性の方が高い、という事です。

 

( 追伸 )

PV(ページビュー)とかが不明といったご質問をいただきましたね。このページ、アクセスやセッションについても記載されていますので参考にしてください。※勉強会でお話ししましたblockquote(引用タグ)で書いてみました。

アクセスしたページの総数。ユニークユーザーやセッションと異なり、サイトへのセッションが続いている間でも、同一サイト内の下位ページへのアクセスをその都度合算し、カウントが増大する。さらに、同じページを何度もリロードすることでもカウントが増大し、外部から数値を操作・調整可能なことから、正確なアクセス数を判断するには他のアクセス数値情報と複合して判断する必要があるとされる

wiki「閲覧」についてより抜粋

まとめとして

2017年2月に改訂された「Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」

Google がページを検出できるよう手助けする
Google がページを理解できるよう手助けする
訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

 

Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)より抜粋

にあります。この3つは、すべて先日お話ししましたサイトやコンテンツの「構造化」なのです。つまり、Googleは、ユーザーに「読みやすく」「わかりやすく」「使いやすい(?)」コンテンツにしてくださいね!という事なのです。

検索からの評価を考えた重複コンテンツの改善(URLの正規化)

2007年12月19日記事

He even made this nifty chart to try to explain it better:

He even posted this example of how the Google robots.txt file at
https://www.google.com/humans.txt works fine but
https://www.google.com/humans.txt/ 404s.

Google On Trailing Slashes & How It Impacts SEO & Search Rankingsより抜粋(この表記は任意)

上記から、ドメイン部分は、スラッシュありなしは問題なく同じページとして認識される。ただ、下層ページは、スラッシュなしの場合ファイルとして認識される。

以下は、.htaccessでの対処について説明しています。実際には以下の記述以外にも方法があります。通常は、表示の検証をしながら、何がベストなのか探りながらすすめる作業ですので、以下の記述に関しては参考として考えてください。

( 初級編 )
以下のURLで同一のコンテンツ(webページ)が表示されるのです。意外と気がついていないケースがほとんどです。

  1. http://www.example.com/
  2. http://example.com/
  3. http://www.example.com/index.html
  4. http://www.example.com/index.htm
  5. http://www.example.com/index.php
  6. http://www.example.com/index.cgi
  7. http://example.com/index.html
  8. http://example.com/index.htm
  9. http://example.com/index.php
  10. http://example.com/index.cgi

正確には、上記以外にもサーバ管理のスタイルにもよりますが、index.wml、index.shtml、index.jsp、index.js、index.jp、index.phtml、default.htm、default.html、home.htmdefault.asp、default.aspxなども表示される場合があります。

これらを、ベストなURLにする。ベストなURLとは、まずは、

  1. http://www.example.com/
  2. http://example.com/

この二つのどちらかを選択していただく事です。

どちらでもかまいません。昨今は、wwwナシが多くなっているようにも感じます。これは、どちらかをご決定していただく事が最適化にとって重要です。

まず、1.2.のどちらかを決めて頂いて、仮に2.のwwwナシという事で説明していきます。.htaccessの記述として、

RewriteEngine on
 RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example.com
 RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

この記述にしてください。301の記述をいれるのは、wwwナシと確定して今後もこのURLをつかいます。という意味です。

さらに、index.html、index.htm、index.php、index.cgi、のファイル名を /(スラッシュ)で終了するようにします。この場合、htaccessの記述は、

RewriteEngine on
 RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
 RewriteRule ^(.*)index.html$ http://example.com/$1 [R=301,L]

上記、index.htmlを例にしています。index..htmやindex.phpなどのファイルがある場合は、その分の追加が必用です。

( 中級編 )
さらに中級編として、もし、index.htmlとindex.phpが、別のコンテンツだった場合。どちらかは、新しいファイル名に変更して、しかも、元々の検索からの評価を引き継ぐ必用がありますので、仮に、index.phpをnew_index.phpとして運用していくことを想定します。

この場合、htaccessの記述としては、

Redirect permanent /index.php http://example.com/new_index.php

といった記述にしてください。

さらに、SSLの部分、https://で始まるURLが、検索に認識されている場合、つまり、

  1. http://www.example.com/
  2. http://example.com/
  3. http://www.example.com/index.html
  4. http://www.example.com/index.htm
  5. http://www.example.com/index.php
  6. http://www.example.com/index.cgi
  7. http://example.com/index.html
  8. http://example.com/index.htm
  9. http://example.com/index.php
  10. http://example.com/index.cgi
  11. https://www.example.com/
  12. https://example.com/
  13. https://www.example.com/index.html
  14. https://www.example.com/index.htm
  15. https://www.example.com/index.php
  16. https://www.example.com/index.cgi
  17. https://example.com/index.html
  18. https://example.com/index.htm
  19. https://example.com/index.php
  20. https://example.com/index.cgi

これらのURL(壮大な量ですね)が同一のコンテンツを表示している場合。htaccessにこんな記述を追加してください。

RewriteEngine on
 RewriteCond %{HTTPS} on
 RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

こうする事で、SSLが関係したhttpsの部分が、すべてSSLではないhttpではじまるURLにリダイレクトされます。

RewriteEngine on
 RewriteCond %{HTTPS} on
 RewriteRule ^(.*)$ http://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

 

もしくは、http:→https:にリダイレクト、つまり、SSLにリダイレクトする場合は、

RewriteEngine On
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on
RewriteCond %{HTTP:X-Forwarded-Proto} http
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

( 上級編なのか、もしくは番外編 )
http://example.com/
http://example.com

この二つのURLで、同じコンテンツが表示されます。この場合、webマスターツールになるガイドラインとしては、

検索エンジンにとっては、この 2 種類の URL がそれぞれ異なるコンテンツを保有していたとしても、技術的には問題ありません。しかし、ユーザーにとっては、非常に分かりにくいと言えます。たとえば、www.google.co.jp/webmasters と www.google.co.jp/webmasters/ でまったく違うコンテンツが表示される場合を想像してみてください。

URL 末尾のスラッシュは必要?より抜粋

この様ですので、2つのURLとして捉えられてしまう様です。こうなりますと、2つのURLで同一のコンテンツが表示されることになりますので、やはり、表示は、/(スラッシュ)もしくは/(スラッシュ)なし、に統一する必用があります。仮にその/(スラッシュ)ありに設定する方法です。

RewriteEngine on
 RewriteCond %{REQUEST_URI} !/$
 RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.[^/\.]+$
 RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
 RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
 RewriteRule .* %{REQUEST_URI}/ [R,L]

htaccessに、この記述でいける様です。

 

( 上級編2 )

example.comというドメインを例にして、

http://example.com/service/menu001/
http://example.com/service/?p=001

CMSであるケースですが、この2つのURLで、同じコンテンツを表示してしまうようなケースです。この場合、正規のURLとして、

http://example.com/service/menun001/

こちらを選択した場合、

http://example.com/service/smenu001/
http://example.com/service/?p=001

この二つで表示されるコンテンツのhtmlのヘッダに、

<link rel="canonical" href="http://example.com/service/menu001/">

といった記述をする事で、

http://example.com/service/menu001/

このページが正規化された、と表現します。

つまり、集約されたURL、上記の例ですと、http://example.com/service/menu001/ に検索の評価が集約されますので、検索ランクの向上やサイトの検索クエリの増加が想定できますので、是非、実行してみてください。

SEO的URL設計について

検索からの評価を得る事を考えた場合、
webサイトのURLの設計は重要です。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、
http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation
のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。

http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1
のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

Googleガイドライン「シンプルな URL 構造を維持する」より抜粋

具体的にどの様にした方がよいのかですが、

1)URLに意味を持たせた方がよい。
2)意味のある構造化したURLの構成がよい。
3)URLは最適な長さである必用がある。
4)日本語URLよりは、ローマ字URLの方が有効である。(と考えています:私見)

 

1)について、どういう事かといいますと、仮にですが、

dt-a.net/coekdcjjasch54682/
dt-a.net/office-info/

この二つのURL場合、あきらかに前者(上部)のURLは人がみて意味がありません。上記2)のURLの構造化にも関係しますが、Googleはwebマスターツールなどのメニューにあるように、Googleはwebサイトのデータ構造化を注視しています(以下参照)。

google-url

コンテンツのカテゴリや、ファイル名に説明的な名前を利用することは、検索エンジンがそれらのドキュメントをクロールしやすくなることにもつながります。また、あなたのコンテンツにリンクを張りたいと思っている人にとっても簡単で、わかりやすいURLを作ることにもなります。意味のわかる単語がほとんど含まれない、極端に長く暗号めいたURLはユーザーにとって不親切なものと言えるでしょう。

❶のようなURLはわかりにくく、不親切です。ユーザーがURLを思い出して、リンクを張るのに苦労するかもしれません。また、URLに不可解なパラメータがたくさん含まれていると、ユーザーはURLの一部が不要だと誤解してしまうかもしれません。その結果、URLの一部が削られ、リンクが適切に張られなくなる恐れがあります。

Google検索エンジン最適化スターターガイド「URLの構造を改善しよう」より抜粋(この表記は任意)

 

例えばですが、不動産物件情報を管理する場合、

Screenshot1

お使いのPCのフォルダ構造は、おおむねこういった(上記)感じになっていると思います(矢印の方向が下のフォルダという意味です)。 kaisou

この例は、不動産情報を想定しています。

東京以外の方には分かりにくいかと思いますが、真ん中のディレクトリ(フォルダ)は、田園都市線の駅名です。実際に書類で管理する場合も、上記のようなフォルダ構造にするケースが、管理しやすいかと思います。

ですので、こういったケースの場合、仮に三軒茶屋のマンションのURLとした場合、想定するURL設計は、

/denentoshi-sen/sangenjyaya/mansion/

こんな表記になります。

もしくは、データ管理の際に、上位カテゴリとしてマンションがあって、沿線カテゴリとして東急田園都市線があり、駅名として三軒茶屋、といった階層での管理もあるかと思います。

そうなりますとURL設計は、

/mansion/denentoshi-sen/sangenjyaya/

こういった感じかと思われます。

google-url2 (Googleの資料より)

さらに、上記3)のURLの長さについても、URL設計の際に毎回悩みますが、Googleがガイドラインで、サイトの最適化について「短めな最適なURLが望ましい」としていますので最適な長さである必用があります。

 

 

アマゾンの書籍のURLですが、

http://www.amazon.co.jp/%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%BB%E6%9B%B8%E3%81%8F%E6%8A%80%E8%A1%93%E2%80%95%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E5%8A%9B%E3%82%92%E4%BC%B8%E3%81%B0%E3%81%99%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89%E5%8E%9F%E5%89%87-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%A9-

(長いので1部省略しています) となってしまいます。

なので、これでは短めで最適なURLとは考えにくいのです。

 

上記4)にも関係しますが、一時期、URLに日本語をいれる事でSEO的に効果があった時代があるのです。

実際に、弊社でも過去にはこういったURL設計した事がありますが、昨今は、Googleのガイドラインでも、

(シンプルなURL構造を維持する:Googleガイドライン) 論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。 出典:ウェブマスターツールのコンテンツに関するガイドライン

このように定義していますので、日本語URLの場合、とても長く、人がみて理解しにくいURLになるケースがあるので、日本語URLにする必用は薄れてきていると考えます。

 

suggest

同時に、Googleも日本語とローマ字と関係を正しく理解している様ですので、 例えば、「中目黒」と、「nakameguro」、の検索結果は同じです。

さらに、検索窓にローマ字で、nakame、、、と入力している途中でサジェストとして、漢字表記の中目黒がリスト最上部に表示されます。

つまり、Googleは、中目黒とnakameguroを正しく関連づけて認識している、という事になります。   なので、URL設計にはローマ字表記がベストなのです。

また、メールなどで、URLを送信する際に、日本語URLですと、日本語の部分をURLと認識されずにリンクされないケースも想定されます。

SEO施策のTips+チェックFlow

 

( SEO施策のTips )

 

( SEOのチェックFlow )

  1. アクセスを想定するキーワードについて、キーワードトレンド、検索数、競合具合、広告の場合のクリックレートなどを取得。GoogleのCORRELATEツール(キーワードトレンドの逆、つまり、一定のcsvデータから、関連するキーワードの取得ができる)の活用も想定する。
  2. 要求するキーワードの絞り込み→絞り込みキーワードと関連キーワードサジェストキーワードを取得してキーワードの再検討→ますはキーワード確定(後々柔軟に変更も想定する)。
  3. 対象業界を加味したサイトの構造化イメージ草案(URLの最適化も含む)→サイトマップ化。
  4. 複数サイトがあり統一する場合はには、その部分のサイト構造化や検索評価の引き継ぎ(301リダイレクトでも引き渡しに6ヶ月ほど、なのでこの期間の旧ドメイン維持も必用)の設定関係も以下のスケジュールに想定する。
  5. 現行のサイト構成を最適化する為のスケジュール作成。同時に、Googleプラス、Googleマップ、YouTubeなどGoogleの検索メニューに関連したコンテンツアイディア、fbページ作成→最適スケジュールとの関連づけ。特にマップはハガキによる承認をとっているので、その期間(1週間ほど)も想定する。(TipsこれらはSEO的に有効)
  6. 対象サイトの外部リンクチェック。
  7. 検索エンジンは、どの様に対象サイトを捉えているのか?
  8. 想定するキーワードでの検索ランク及び着地ページチェック。
  9. スクリーミングフロッグ SEO スパイダーを使って、すべてのタイトルタグとメタタグの内容と文字数チェック、エラーコードチェックも可能。
  10. さらにwebマスターツールにて、クロールエラーやメタタグの重複などのチェック。同時に、sitemap.xmlが正しく認識されているのか?ページ数ともマッチしているか?
  11. authorタグ、ダブリンコアの追加やOPGタグの設置→最適化。
  12. 画像のaltタグやアンカーテキストの確認→最適化。
  13. 重複コンテンツはないか?(URL設計の最適化、canonicalタグの管理、コンテンツの移転や正規化)
  14. 不自然に重たい画像は?写真なのにjpg以外の拡張子は?など画像の最適化チェック。
  15. ヘッダーcssやjavascript の最適化。一部フッタに移動など。
  16. PageSpeed Moduleを使ってサーバスピードの最適化。
  17. webマスターツールのPageSpeed Insightsに対応(ブラウザキャッシュの設定や画像圧縮など)→GTmetrixで対策前後スピード計測、analyticsでのスピード計測可能。
  18. analyticsタグ設置→外部リンクチェック、まちがったURLへのアクセスに301リダイレクト設定して正規化。
  19. Googleのclosure-compilerをつかってjavascriptのコンパイルを試みる。
  20. LESSコンパイラーを使ってCSSの最適化を。
  21. DMOZ(Open Directory Project)へのサイト登録申請。
  22. facebookのコメントボックスやライクボックスを設置する。SNS(fb、Twitter、Google+)ボタンを設置する。
  23. サイト内検索を設置する。(サイト内での検索キーワードがかわる)