Webでの流入は、やはりSEO!

"飲食業界が「進化系レモンサワー」に注目する理由"という現在ビジネスの記事を読んでいました。確かに、レモンサワーは、エグザイルの影響もあって1杯目ビールの座を奪いそうです。

SNSで存在感が急上昇

アルコール飲料のブームに新しい大きな「波」が来ている。それが「レモンサワー」である。

舌先ではじける炭酸の爽快感、口いっぱいに広がるレモンの甘酸っぱさと香り…たしかにこれまでも、レモンサワーはたいていの居酒屋にある定番メニューで、決して不人気だったわけではない。とはいえ、「最初の一杯」に選ぶ人や、その味や素材使い、ビジュアルの違いまで楽しんでいる人はまだまだ少数派だった。

なぜ筆者は、レモンサワーに注目するのか。それにはデータの裏付けがある。

筆者が運営するメニュー単位のクチコミグルメサイト「SARAH」では、これまでメニュー別の投稿数を集計し、その時々のトレンドメニューを分析してきた。そのデータをもとに、今年1月には「前年比406%、SNSで激増する『ポテサラ投稿』の真相」(日経トレンディ)という記事を執筆したのだが、実はこのときは、ドリンクを集計外としていた。

2016年時点では、「SARAH」上にはレモンサワーに関する投稿はほぼなかった。しかし2017年になると、レモンサワーの投稿数が激増。増加率でいえば、実はレモンサワーがトップだったのだ。

飲食業界が「進化系レモンサワー」に注目する理由より抜粋

さらに注目したのは、SARAHというメニューに着目したSNSです。

ユーザー数が多いグルメサービスのメイン流入はSEO(検索エンジン最適化)が中心です。SEOで勝てればユーザーは伸び、そうでなければ停滞します。SEO対策は社内のエンジニアチームで行っています。

そのタイトルより抜粋(この表記は任意)

CEO高橋 洋太氏も流入はSEOとのことで、しっくり来ました!