spfレコード対応:DtA Webサポート

弊社「DtA Webサポート」ご利用の方にSFPレコード追加の件、広報いたしました。昨今、セキュリティレベルが高くなり、大量メールを発信していなくともスパム判定されるケースがありましたので対応準備を進めておりました。

JPNIC:SPFより抜粋

SPF (Sender Policy Framework)とは、電子メールの送信元ドメインが詐称されていないかを検査するための仕組みです。SPFの仕様は、RFC4408(*1)で定められています。

インターネットでメール送信に使用されるプロトコルであるSMTP (Simple Mail Transfer Protocol)は、差出人のメールアドレス(Fromアドレス)を自由に設定することが可能です。このため、送信元を偽った「なりすましメール」を簡単に送ることができてしまい、これが迷惑メールに利用されてきました。

SPFは、こうしたメールアドレスにおけるなりすましを防ぐための技術の一つで、 DNSを利用するのが特徴です。ドメインをSPFに対応させるには、そのドメインのゾーンデータにSPFレコード(*2)という情報を追加します。SPFレコードには、そのドメイン名を送信元としてメールを送ってもよいサーバのIPアドレス等を記述します。