SSLでランク改善はできるのか?

 

2014年8月にGoogleが発表した
“SSLを使用したサイトの評価を上げる”件について
検証してみました。

 

SSLと検索評価にかんするGoogleのアナウンス(2015年)
https://webmaster-ja.googleblog.com/2015/12/indexing-https-pages-by-default.html

SSLをランキングシグナルに使用する(2014年)
https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html

 

「結論、検索ランクは改善します!」(3つのケース)

SSL導入によるランク改善第3弾!

以下の表は、左のグレーで見えなくしているのはキーワード、上の15から30までの数字は日付、つまり、ある月の15日から30日の検索結果ランクの変動具合です。右側は、15日間の平均検索ランク。

上の表は、SSL導入前、下はSSL導入後です。

上の表と比較して、検索ランクで何位改善したのか?そして、それは、検索ランクが何割改善できたのか?という定量分析です。

このケースでは、約15%のランク改善がありました。
こちらは、SNI SSL を導入しました。

 

SSLでのランク改善第二弾!
※今回は、自社サイトではなく顧客のサイトでのランキング推移。

graph0223

 SSLにする事で、26%の検索評価が向上したといえる。
(本当は、分布などを鑑みて偏差値化するのがよいのかも知れませんが)

このグラフには入っていないのですが、ビックワードでのランクも確認できました。現在、5位前後です。これもSSLの影響かと思いますが、なにぶん計測していなかったので、このグラフに入れ込むを事ができません。昨年の今頃(2月)は、そのビックワードでは圏外(100位以下)でした。

 

アクセスの感触としては、、こんな感じです。SSLに移行したのは、クリスマスのタイミングでしたので、やはり、アクセスも向上しています。。

analytics2015_0223

 

(以下は弊社サイトでの検証)
以下の表は、弊社サイトの検索ランクの推移です。

SSLに対応したのは9月13日ですので、サンプルとして、非SSL(つまり、通常のhttp)9月1日から10日、SSLのサンプルとして、10月11日から20日、の同じ10日間としました。

この間、意図的にサイトには全く変更(加筆や修正)を加えていません。そして、意図的にランク改善されたキーワードを選択していません。実際に計測しているキーワードが以下のキーワードなので、ほぼ評価する上でニュートラルなキーワードと捉えて大丈夫かと思います。

ssl_evidence1021

上の図で、上はSSLナシ。下はSSL対応後です。最上段の1から10は、対象とした10日間を意味しています。それ以外の数字は検索ランクです。実際にはランクダウンしたキーワードもありますが、全体的には6.3位向上しています。改善率としては、15.21%改善しています。

※)ランク差:非SSLのランク平均からSSLのランク平均を引いて、一番下の数字は単純ですが縦に合算しています。
※)改善率:非SSL時のランクから、何割改善したのか?といった計算をしいてます。

 

検索クエリも改善されていました。

2014_09 2014_10

上が9月で下が10月です。微妙にザックリですが計算値通り15%(もしくはそれ以上)改善されたようです。

 

SSLへは301リダイレクトを設定しています。NonSSLからSSLへの以降時に検索からの流入ダウンが想定される。これは、一般的に、サイトの移転やコンテンツのURL設計の変更時におきる事ですが、実際どれくらいなのか?

検索クエリの変動具合をグラフにしてみました。期間は、NonSSLをSSLに変更直後から一ヶ月としています。

query1103

これを見る限り、微妙なダウンはあるのですが、今までのサイト移転やコンテンツ移転の際のランクダウンほどではない様にも感じます。これはGoogleの検索エンジンが改善された、という事かもしれません。