入力方法を親指シフトにしましょう!

 

提案します、
入力方法を「親指シフト」にしましょう!

これは本当に真剣にお仕事の効率化に間違いなく効果的です。

そもそも「親指シフト」とはなにか?詳しくは、wikiお読みいただければと思います(以下にwikiから引用しています)。 親指シフト(wiki) 今まで、お会いした方で「親指シフト」お使いの方は、2名しかいません。1人は、カツマーといわれている勝間和代さん。もう一人は、元GDATAの日本代表(オリンピックみたい?)のJag山本さん、このおふたりだけです。

親指シフトとは、Mac、Windows、linux、iOS、Androidで日本語を入力する際、多くの方は、ローマ字入力 (一部フリック入力とか?)と思われますが、そのローマ字ではなく日本語で入力できるのです。しかも、JIS仮名入力のようにキーボードにふられたひらがなからの入力ではなく独自のキー配列(以下に概要記載しています)なのです。濁音促音の入力容易さや親指を活用することで、人間の手の機能を英字入力より有効に実行することができるのです。なので、英語以外の言語にも将来的に対応してくといいなと期待しております。

wiki:親指シフトより抜粋

親指シフト(おやゆびシフト)とは、日本語の「かな」を入力するため、1979年(昭和54年)に、富士通が考案したキー配列規格の一種である。ほぼ同時期に確立したQWERTYローマ字入力や、それ以前から存在したJISかな入力などと同様に、親指シフト規格は「かな漢字変換」のためのかな入力手段(日本語入力)として使用される。

なぜ、ここまでプッシュするのか?というと、例えば、最近はキーボードのタッチノイズが静かになったので、気にならないかもですが、尋常ではないキーボードタッチのノイズがオフィスに響き渡る光景、ご経験はありませんか? このノイズが約半分になるのです。キーを叩く回数が減りますのでキーボードの傷み具合も約半分、入力時間も約半分になります。

極端な事をいえば、考えながらタイプする、とか、人がお話されているタイミングで、そのままテキスト化できるイメージです。 なぜか?例えば、「私は」と入力する際に、ローマ字入力ですと、「watashiha」と8〜9アクション打鍵して変換キーする必用がありますが、親指シフトですと、「わたしは」4アクション、で「変換キー」をたたけば、「私は」と変換されて完了です。

打鍵数は多いより少ないほうが高速入力に有利だと考えられる。日本語の文章(天声人語4日分:3735文字)を入力したときの打鍵数を他の入力方式と比較した資料[11]によると、以下の通りである。 スクリーンショット 2014-06-11 13.56.04 (wikiより)

唯一デメリットとしては、オフィスなどでキーボードをガンガン叩いている人からすれば、なんだサボっているようにも思われますし、もしかして、この人、キーボードで遊んでる?って思われてしまいます。

この二つは、現実に体感しました。それは会議中だったのですが、「先ほどから何を入力しているですか?」と聞かれた事がありました。そう仰った方は、私がメール返信か何かをしていると感じたのでしょう。サッと画面をみせて今までの会議の内容をフォローしているメモを見せました。

これだけでも、充分に有効性ご理解いただけると思うとは思うのですが、、、意外とユーザーに出会わない。。なぜ?? 親指シフトで入力する、イコール、こういったキーボードが必用というイメージでしょうか? kbfmvkb611[1]

実は、この様な専用キーボードが必須という訳ではありません。実際に、親指シフト専用のキーボードは、他のキーボードに比べて高額ですが、windowsもMacもエミュレーターと呼んでいるアプリケーションで「親指シフト」を実現できます。

なので、特別なキーボードを購入する必用はないです。 通常のキーボードを親指シフトにするエミュレーションアプリケーションですと、

Mac)Karabiner Elementsoyayubi.jsonこの組み合わせとATOKで使わせて頂いております。最高に快適です!
Windows)Japanist10です。有料ですが、これは仕方ないですね。他の無料ソフトはがあまりに不出来なので、これしかないと思います。今まで「親指ひゅんQ」を使用していましたので、ブラウザ「chrome」32ビット版でしたし、テキストエディタ「秀丸」も32ビット版を使用せざるえませんでした。JapanistはATOKと同じようなかな漢字変換ソフトウェア(インプットメソッドエディタ)の機能をもっているのでATOKが使えなくなります。

私は、windows7windows10の64bitを使っていまして、ATOKと一緒にエミュレーターは「親指ひゅんQ」をつかっていました(2019年7月にJapanistに変更しました)。ただ、現在は、親指ひゅんQのサポートが(かなり以前から)終了しているのですが使いやすいです(勝間さんもお使いの様です。レスポンスがいいようです)。

Macは、OSXの10.93で、しかもATOKも使っていますが、こちらのKeyRemap4MacBookを使っています。以前、お礼をしようとPayPalから投げ銭というのでしょうか?送金できる仕組みだったのですがエラーになりまして、、開発のTさんには、こちらからも要望みなたいな点をお伝えしましたが、いろいろとご対応やアドバイスをいだきまして本当に助かりました。無料ですのでただしくは使わせて頂いております。その後、PayPalからお礼ができましたので、安心(?)してガンガン使わせて頂いております。

どちらも抜群の使用感です。keyremap4macbookの(2019年現在は上記Karabiner Elementsoyayubi.jsonです)、お陰でMacを使えているといってもいいくらいです。 最近では、iPadも専用のテキストエディタで入力が可能になりました。

 

iPadやiOSで使用できる親指シフトエディタ
N+Note for NICOLA 4+(親指シフトキーボードが使えるテキストエディタ)

 

androidやchromeOSで実現出来れば、何と素晴らしい事でしょう! 実際の親指シフトの配列は、 OASYS100

(wikiより) なので、最初は、使用するキーボードに上記のカナを貼り付けるなどしてトレーニングする事になります。 親指シフト(ニコラ配列)をJIS化(工業規格化)する提案書もでていました。  

( 関連記事 ) 日刊SPA!「直木賞作家・姫野カオルコ、こだわりの“親指シフト”について熱弁  

 

映画の中でも「親指シフト」キーボードが登場しています。映画「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」の1シーンですが、これは親指シフトです。  

映画の中の親指シフトキーボード
映画「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」の1シーン

作者の青山剛昌さんは、多分、親指シフトユーザーだと思われます。時計じかけの摩天楼意外にも「名探偵コナンのショートストーリー05」にも、親指シフトが登場します。  

親指シフトキーボード
「名探偵コナンのショートストーリー05」の中にでてくるワードプロセッサOASYS

余談)英語でも親指シフトについて書かれている

ENwiki:Thumb-shift keyboardより抜粋

Thumb-shift keyboard

The thumb-shift keyboard (親指シフト oyayubi shifuto) is a keyboard design for inputting Japanese sentences on word processors and computers. It was invented by Fujitsu in the late 1970s and released in 1980 as a feature of the line of Japanese word processors the company sold, named OASYS, to make Japanese input easier, faster and more natural.[1][2] It is popular among people who input large quantities of Japanese sentences, such as writers, playwrights, lawyers and so on, because of its ease of use and speed. The rights regarding the use of this design were transferred to Nihongo Nyuuryoku Consortium (Japanese Input Consortium), a technology sharing cooperative of interested companies, in 1989. It is referred to as an example of keyboard layout in Japanese Industrial Standards.[3]

 ざっくり和訳)親指シフトoyayubiシフトは、ワープロやコンピュータで日本語の文章を入力するためのキーボードデザイン(レイアウト)です。 それは1970年代後半に富士通によって発明され、日本語入力をより簡単に、より速く、より自然にするために同社が販売した日本のワープロOASYSとしてリリースされました[1] [2]。 作家、劇作家、弁護士など、日本語の文章を大量に入力する人には、その使いやすさとスピードの良さから人気があります。 このデザイン(キーボードレイアウト)の使用に関する権利は、1989年に関係会社の技術共有協同組合である日本入力コンソーシアムに譲渡されました。これは日本工業規格のキーボードレイアウトのひとつです。(和訳ここまで

上記英語版wikiにも書かれていましたが、「Possible application to other languages(他言語への応用可能性)」について、日本語版wikiに、ディープに書かれていました(以下に引用)。

wiki:親指シフトより抜粋

日本語以外への応用

世界で使用されている言語の表記方法はさまざまで、例えば文字の数も英語と同じ程度から漢字のように数千〜数万に及ぶようなものまで多様である。このため、もともと英語の入力のために作られているQWERTYキーボードを英語以外の言語の入力に使おうとすると何らかの工夫が必要となる。例えば、(1) 日本語におけるローマ字入力のように発音のアルファベット表記に沿った形で入力する方法や、(2) 日本語におけるかな入力のように文字あるいは文字の構成要素を適宜キーの上に配置する方法等がある。

いずれの場合もある意味で「間に合わせ」のやり方にならざるを得ないところがあり、特に (1) については、アルファベットの出現の頻度や続き具合がさまざまで、QWERTY配列が適切なものになることは保証されない。また、(2) については、文字の数がアルファベットに比べて多いためにタッチタイプがし易いホームポジションとその上下を含む計30のキーに納まりきらない場合が多いこと等の問題が起きることがある。

親指シフトはこうした問題の解決に役立つ可能性がある。すなわち、(1) タッチタイプがし易い30キーに小指シフトによる活用を加えても60文字なのが90文字にまで拡大する、(2) 親指によるシフトに例えば声調など、言語固有の特徴を付与することにより習得が容易になる、等の利点が考えられる。

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + 9 =