Googleの医療サイトに関する審判

Googleが日本の医療関係のサイトやコンテンツに対して評価の見直しをしたのか?これは、2016年の11月29日に露呈したWELQ問題に端を発している。

東洋経済「WELQ問題とは何か」カテゴリ記事リスト
https://toyokeizai.net/category/welq

 

(抜粋)ウェルクには毎日約100本の記事が掲載され、それぞれの原稿は2000文字以上、1000円の報酬が執筆者には与えられていた。多くはクラウド人材サービスで調達した執筆者で、医療機関での就業経験や資格などは必要なく、執筆したヘルスケア情報の事実関係に関する質問や修正が執筆者に依頼されることもなかったという。

ウェルクの本質は、検索エンジン(具体的にはグーグル)のネット検索アルゴリズムを徹底的に研究し、そのクセを"悪用"している点にある。多くの人が興味を持つ検索キーワードに対して、真っ先に自社の記事が掲出されるように仕込み、多くの読者にクリックさせる仕組みだ。

東洋経済「WELQ問題の本質とは?」より抜粋

今読んでみても、1記事2,000文字以上で、1,000円となると、大量にコピーペーストでもしないと対応できないジョブには違いない。そんなコンテンツが、検索からの評価を得てしまったのだから、Googleも医療関係コンテンツの評価の見直しをしても当然といえる。

 

(抜粋)Google では、今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。

この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。Google では、医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行きます。

Googleウェブマスター公式ブログ「医療や健康に関連する検索結果の改善について」より抜粋

上記のように2017年12月6日にGoogleから上記の発表がありました。

弊社顧客にも医療関係はありまして、さて、どうなったか?

 

 

上記のように12月(私の感触では11月辺りから)Google評価の再検証が入ってランクが上下するケースもありましたが、3月に入って安定して上位です。多くは、元のランクより評価を上げています。すべてのキーワードは、そこそこの検索数もあり競合性の高いワードです。

 

(抜粋)ネットに革命が起きた日

2017年の12月6日は、ネットに信頼できる医療情報を望む人にとって、歴史的な日になりました。

その日、グーグルはついに、WELQのような手法で健康・医療情報を大量生産するメディアに、大幅な制裁を下したのでした。

グーグルはその日、医療や健康に関する検索結果の改善を目的としたアップデートを実施した、と発表しました。その結果、これまで問題になっていたネットメディアの記事の多くが、検索結果の上位から姿を消したのです。

この結果は劇的で、たとえば前述のヘルスケア大学は、ほとんどのキーワードで利用者の目に入る範囲外に落ちました。

東洋経済「健康を食い物にするサイトに下された審判」より抜粋

 

上記記事の引用のように「ネットに革命が起きた日」かも知れませんが、私はWELQの手法を実施した時(2016年)の方がネットに革命だったと感じるといいますとお叱りを受けるのでしょうか??もっと言えば現状は「革命」からの「正常化・改善が進んだ」と感じているのは私だけでしょうか??

サテライトサイトは有効なのか?

サイトライトサイトについて質問をいただきましたので、簡単ですが回答をします。

サイトライトサイト(Satellite Site)とは、以下インプレスの「web担当者Forum」の用語ページから引用しています。

衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトのこと。

(中略)メインサイトにリンクを張ることで、メインサイトの被リンク数を増やして順位を上げることを狙うもの。メインサイトの順位を上げたい検索キーワードを入れたアンカーテキストでリンクを張ることも多い。

(中略)内容的に関連性の低いサイトからのリンクの評価が下がっていることを考えると、以前よりもサテライトサイトのSEOにおける効果は下がっているとも言われる。

web担用語集「サテライトサイト」より抜粋

さらに、GoogleWebmasterのフォーラム、しかも2012年の投稿には、

「ウェブマスターの方々の中には、ここまでの説明を読んで、実際ご自身の管理しているページに誘導ページに該当するものがあるかどうか、気になる方もいらっしゃることでしょう。その場合、検索エンジンがなかったとしても、そのようなページを作ったかどうか、考えてみてください。

Google ではあくまでユーザーにとってそのページを訪れる価値があるかという観点から判断をおこなっています。

本当にユーザーのために作られたページと、検索エンジンからの誘導のみを目的としたページとでは、手のかけ方に大きな違いがあることを Google は認識していますのでご安心ください。」

(中略)検索エンジンからの誘導にフォーカスするのではなく、あくまでユーザーにとって独自の価値があるサイト、ページを提供することを考えていただければ、それがすなわち「誘導ページにあたらないサテライトサイト」と言えるかと思います。

Googlewebmasterのフォーラム"「誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です」を掲載しました。"より抜粋

ただここで注意すべきポイントがあります。サテライトサイトがすべて良くないサイトなのか?ではなく、検索からの誘導にフォーカスしたサイトが良くない(検索からの評価を落とす)のです。

こういったサイトをDoorway Site(もしくはDoorway Pages)と呼んでいます。

Doorways are sites or pages created to rank highly for specific search queries. They are bad for users because they can lead to multiple similar pages in user search results, where each result ends up taking the user to essentially the same destination.

(日本語訳)誘導ページは、特定の検索キーワードで検索結果の上位に表示されることを目的に作成されたサイトまたはページです。誘導ページにより、類似する複数のページが検索結果ページに表示され、どの検索結果からも同じ内容のサイトやページにユーザーが誘導されるため、ユーザーの利便性が妨げられることになります。

Search Console "Doorway Pages"より抜粋

つまり、検索での上位表示を目的として作成されたサイトやページのことで、内容が薄く特定のページへの誘導(リンク→リンク先のアクセス獲得)を目的としたサイトやページをDoorway pagesと呼んでいます。

サテライトサイトが完璧にNGというのではなく、その目的が上記ようなケースは検索からの評価を下げることになります。サテライトサイトだけではなく、リンク先の本体サイト自体の評価も下げてしまうことになるケースが多い(まず間違いなく評価を落とします:私見です)ので、本当に注意が必要です。

 

以下のGoogleウェブスマスター向け公式ブログでも、日本でいうところのサテライトサイトは、「特定のサイトに誘導する目的のサイト」及び「ユーザーに独自の価値を提供しないページ群」としてガイドライン違反としています。

(中略)その中で今回は日本でも多く見られるケースとして、誘導ページ(ドアウェイ、Doorway) についてご説明したいと思います。

誘導ページとは、ユーザーを特定のサイトに誘導したり、資料請求などをさせたりすることだけを目的に作られた、ユーザーに独自の価値を提供していないページ群のことをいいます。(いわゆる「サテライトサイト」の中にも、誘導ページにあたるものが多くあります。)

Googleのウェブスマスター向け公式ブログより「誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です」より抜粋

ここ

オネストマーケティング

2018年2月16日の日経MJに"口コミ新時代「オネストマーケティング」"という新しい言葉に関する記事が掲載されました。オネスト(正直)なマーケティングです。

弊社顧客にも、「ランキングサイト」や「オススメサイト」への有料掲載依頼の営業が頻繁にありますが、このランキングやオススメを対価を支払って獲得するマーケティング(というのでしょうか?)に、とっても疑問を持っていました。なので、この「オネストマーケティング」には、とても興味と期待があります。

こちらは日経MJの「口コミ新時代『オネストマーケティング』」に関するツイートです。

 

オネストマーケティングとは

私たち消費者が商品を購入したり何かの意思決定(どの医療機関で治療を受けるといった意思決定など)する際に、基本的には、友人知人に聞いてみたりします。さらには、インターネットの口コミ情報をチェックするのは、昨今多くの人のアクションかと思います。

少し以前ですと「ステルスマーケティング(以下に引用あり)」といって、多くはタレントや有名人が使用してもいないのに「良い商品」と評価したり、対価を受け取った宣伝活動なのに、それとは気づかれないように宣伝するマーケティング手法がありました。

こういったマーケティング手法ではなく、あえて自社の製品やサービスのマズい情報、ネガティブな情報、を公開+発信する企業、信頼できる職業の人が無償で推薦したり、演出のない街角インタビュー動画やコメント内容に対価を支払わない出口調査の動画、これらが逆に消費者の信頼を獲得している。

これらを活用した媒体をオネスト(正直)メディアとして、これら一連の手法をオネスト(正直)マーケティングとして口コミ時代の新しい主役になってきたと考えています。

 

消費者の購入や意思決定の行動モデル

まずは、購入や意思決定に至る消費行動モデルを知る必用があります。有名なのは、AISAS(アイサス)とAIDMA(アイドマ)があります。

AISASは、自ら情報を検索し発信する消費者=アクティブコンシューマーの出現に伴い、それまで使われていたAIDMAに変わる消費行動モデルです。

AIDMAは、情報を発信する企業側とそれを受ける消費者という“ワンウェイ”モデルでしたが、AISAS は、Search(検索)とShare (共有)という消費者の能動的な行動を加えて、企業と消費者が互いに関与し合う“インタラクティブ”な関係へと変化しました。また、消費者の行動がActionで終わらずに、その経験を共有し合うところまでを消費行動モデルとして取り入れています。

Dual AISAS”で考える、もっと売るための戦略。より抜粋

上記引用のAIDMAとAISASの違いですが、S(サーチ:検索)とS(シェア:共有)があります。つまり、AIDMAはワンウエイ(1方向)モデルでしたが、AISASは、企業と消費者及び消費者間で、お互いに関与し合うインタラクティブな関係へと変化したととらえられています。

こういった現在の環境の中で、消費者の意思決定に「口コミ」が重要になってきました。知人間でやりとりされる「口コミ」情報は、まだ、誰が発信したのかが明確なので、発信者の指向性や方向性など一定のフィルタリングしたうえでの判断が可能でした。ところが、インターネット上での口コミは、誰が発信したのかがわかりづらくなっています。

 

昨今の口コミ(サイト)情報とは、

  1. 膨大な情報があふれ、どれが正しく、どれが間違っているのかがわからない。
  2. 玉石混交(ぎょくせきこんこう:優れたものと劣ったものが入り交じった状態)の情報が集まる。

となりました。広告料を支払う事で、使った事もない商品でも、とても良いと評価したようなコンテンツができてしまう、そんな状況が続いていました。ステルスマーケティングがそれです。

ステルスマーケティング(英: Stealth Marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること[1]。略称はステマ。 アンダーカバー・マーケティング(英: Undercover Marketing)とも呼ばれる。ゲリラ・マーケティングの1つ。

wiki:ステルスマーケティングより抜粋

 

 

そこで、あえて隠しておきたい情報(ネガティブな評価など)をあえて発信する。さらに、テキスト(文字)ではなくインタビュー動画などで、人々の意見をフィルタリングなく収集共有する事で、消費者の信頼を得るスタイルを、日経MJでは「オネストマーケティング」と呼び記事として取り上げました。

 

オネストマーケティングをフレームワークしてみる

 

→ カスタマー(消費者)

  1. 商品購入や意思決定の際、インターネット情報をチェックするのは当たり前。
  2. 購入したり意思決定した内容をネット上にシェアするのは一般的な行動。
  3. 複数の口コミサイトの情報を見比べた上で判断している。

 

→ インターネット上の「口コミ」(Webサイト)

  1. 膨大な情報があふれ、どれが正しく、どれが間違っているのかがわからない。
  2. 誰が発信したものかが見えない。(広告として発信されているのでは?)
  3. 正当な評価を掲載できている可能性が不明。(良い点のみ掲載されているのでは?)

 

→ オネストメディア(信頼できるメディア)

  1. 隠しておきたいマズい情報をあえて等身大として発信している。
  2. ネガティブな情報はタブーとされてきたが、それすらも公開している。
  3. 編集のない、ヤラセではない街角インタビューや出口調査の動画、医師などの顔出しによる推薦、など。

 

こうしてみると、マーケティング環境分析と市場機会の発見の環境分析の3C(Customer・Competitor・Company)と似ているようにも感じました。

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析からKSFを見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をするフレームワーク。

グロービス経営大学院:3C分析より抜粋

 

オネストマーケティングを実践している企業の実際のアクションや評価

以下社名は企業さんの了承を得次第公開します。まとめは、2月16日の日経MJ及びご担当者へのヒアリング(メールなど)から作成しています。


東京ドクターズ東京23区病院・医院・クリニック情報サイト
運営社:株式会社アートブルー

→どのように考えたか

  • 医療機関情報の口コミサイトは多いが、オススメやランキング・名医といった情報を広告費を支払うことで掲載できてしまうサービスが多い。
  • 医院やクリニックの評価シートを掲載している医院やクリニックも多いが、患者アンケートから集計したとされているが、信憑性が薄い。
  • これらを医院・クリニックの出口調査をはじめ街頭インタビューを実施することで、「ヤラセ(さくら)」を極力排除した。
  • ネットの書き込みは誰が書き込んでいるのかわからないから、信用できない。

 

『政府は病院の口コミやランキングサイトは広告にあたるとして規制に乗り出す。危ない情報もあることから規制を歓迎する声の一方で、病院を選ぶのが難しくなるとの意見も出ている。規制の影響と波紋が広がる現場を取材する。』

特定の医療機関に誘導するような口コミや、誰かに金銭を支払って、有利なコメントを集めているような口コミサイトやランキングサイトがあるのなら、こうした規制によって淘汰されるべきだと思います。ただ、最近ではネットの口コミを見て、病院を選ぶといったアクションが常識になりつつあるので、規制を強化しすぎて『口コミすべてがダメ』となってしまうと、多くの方々の利便性が損なわれてしまうと思います。

東京ドクターズ:ワールドビジネスサテライト(2017.11.14放送・テレビ東京)より抜粋

 

→具体的な掲載内容

 

→成果は?

  • 医師による医師の推薦は、ユーザーにとって大きな指標であると感じる。

 

→取材(街頭インタビュー)された方のコメント

  • 情報は人から伝え聞いたものを重視しているから、動画なら信用できるし安心

( 東京ドクターズ様からの回答 )

1)最も効果を感じた部分
→ユーザーに必要と感じてもらえてる。アクセス数アップ。メディアの露出などなど、まだまだこれから出てくると思います。

2)当初、想定した有効部分と実際の効果の差を感じた点
→ メディア関連の方々が以外と興味を持ってくれた。

3)活用媒体として、現在、webサイトが中心のようですが、他にも注力していこうと考えている媒体はございますか?
→YouTube、アプリ、データベースの作成

4)オネストマーケティングの課題と感じられるのはどんな点でしょうか?
→利益につなげるための綿密な収益設計が難易。

5)オネストマーケティング実施を後押ししてくれたのは、どんな事でしょうか?
→自身の体験。他社との差別化への意識


GR(インターネットで賃貸物件紹介サービス)

→どのように考えたか

  • 辛口コメントを載せた方が、むしろ信用してくれる。
  • あくまで等身大にこだわる(他のサイト:物件写真撮影時に広角レンズやアングルで広く見せている)。

 

→具体的な掲載内容

  • 眺望が良くありません。目の前を塀をネコが通り過ぎてびっくりしました。
  • 収納がありません。ミニマムに行きましょう。
  • 隣が生コン工場です。

 

→成果は?
内見後の成約率は一般的に5割程度が平均とされるが、GRは8割近い。

 


TA(旅行口コミサイト)

→どのように考えたか

  • ガイドライン(「伝聞ない自分の体験である」「営利目的でない」)に沿っていれば、ネガティブな内容でも載せる。
  • 中立さが強味で存在意義。
  • 施設(宿泊ほか)側への忖度はない。
  • ネガティブな意見が書かれたからと言って客が来なくなるわけではない。
  • 利用者は一つだけでなく複数の口コミを見比べて判断している。施設側がどれだけ真摯に回答したり、サービスを改善しているかを客は見ている。

 

→具体的な掲載内容

 

→ユーザーの反応

 


ET(転職求人サイト)

→具体的な掲載内容

  • 研修制度が充実していない。
  • 住宅補助が数年で打ち切られる。

→ユーザーの感触

  • 調べるのが難しいナマの企業像をつかむことができる。

→採用する企業側として

  • より志望の強い応募者が集まる。

→業界への影響

  • 「ネガティブ情報はタブー」といった求人広告のこれまでの常識が変わった。
  • ET同様にネガティブ口コミ情報を掲載する動きがある。

 


IM(食品メーカー)

→具体的な掲載及びアクション内容

  • 「残念なIM応募キャンペーン」実施。ネガティブ投稿を受け付け。
  • ・・の味はせず・・・の味がする、(海外の地名)に進出するという意味不明さ、などネガティブ投稿を掲載。
  • IMを知らない、と投稿すると市内を営業者でドライブ旅行。

 

→成果は?

  • ネットを中心に知名度が全国に広がった。
  • 首都圏からの通販申込みが3倍に伸びた。
  • 都内で店頭に置く店が増えた。

 

( IM社様からの回答 )

オネストマーケティングといった認識がなくコンテンツの一つと理解しております。(ご返信いただきましたメール原文抜粋)

SEOサービス

SEOが検索サイトでのランクアップの手法と捉えられたていた時代から、顧客サイドの評価、つまり、ターゲットとなる顧客に対して、自社を正しく評価していただく為の「評価される仕組みづくり」が重要な時代。

つまり、顧客からの評価を獲得するプランニングから実行までできるSEOサービスが求められている時代と捉えています。

DtA Web Marketing は、単純に特定のキーワードが検索で上位に表示されるに限らず、想定したキーワードが顧客のビジネスにとってマーケティング的にベストといえるのか?

同時に、ソーシャルをはじめ外部のメディアでの正しい評価を獲得するには、どのようにプランニングして実際にアクションすべきなのか、ここまでを視野入れたSEOコンサルティングを実施します。

続きは、こちら。。

検索サイトから評価を獲得するSEO

SEOがシンプルに検索サイトでランクアップの手法と捉えられたていた時代から、顧客からの評価、つまり、ターゲットとなる顧客に対して、自社の正しい評価を獲得する為の「評価される仕組みづくり」が重要なアクションとなる時代に!

顧客のターゲットから評価を獲得するプランニングから実行までできるSEOサービスが求められている時代と捉えています。

DtA Web Marketing は、単純に特定のキーワードが検索で上位に表示されるに限らず、想定したキーワードが顧客のビジネスにとってのポジションについて考えると同時に、ソーシャルをはじめ外部のメディアからの正しい評価を獲得するには、マーケティングをどのようにプランニングして、どのようにチームとして実際にアクションすべきなのか、ここまでを視野入れたコンサルティングを実施します。

 SEOコンサルティングの考え方

実際のコンサルティングは、SEOをご発注いただく顧客の皆さまとの迅速かつ柔軟なチームワークが成功のキーファクターとなってきます。折角、ご発注いただいて、調査→提案(仮説→検証含む)とすすめても、実際の施策を実施(アクション)の部分で、人員がたりない、技術的に困難、では折角の我々コンサルティングの意味がありません。

同時に、SEOは業界構造というのでしょうか?消費者の意識構造というのでしょうか?こういった5フォース(業界の収益性を決める5つの競争要因から、業界の構造分析をおこなう手法)的な視点、ただ、SEOの場合は、消費者の意思決定のフレームワークなので、5フォースの「新規参入」が、消費者の潜在意識になるのかも知れませんが、業界毎に発想をマッチさせる事が重要だととらえています。

DtA Web MarketingのSEOサービスには、こういった人員や実行の部分、業界構造や顧客・市場といったフレームワークの視点でも充分に対応できるリソースの準備と経験があります。顧客との実現可能なアクションを提案+実行いたします。

ご理解いただきたい

コンサルティングSEOを発注してしまえば自然と検索ランクが向上する、といった時代ではない事を「充分にご理解」いただき、チームとなって一緒に取り組んで評価を獲得していく施策である事をご理解いただいた上で、弊社にご相談いただけると相互にベストかと存じております(生意気言って申し訳ない)

御社のご理解ご協力+弊社の技術や実施のお手伝い、この二つで顧客の顧客からの正しい評価を獲得するための施策であるとご理解ください。

コンサルティングSEO

月額15万円(初期15万円) ※最短6ヶ月の契約となります。

戦略的Webサイトやコンテンツの企画設計や運用の提案、そして実際のSEO施策運用まで。サイト運営におけるSEOサポート。

※サイトの規模や状況によりお見積もり変更になります。Googleによるペナルティのケースも同様です。

コンサルティングSEO:詳細

エリア対応ローカル+ベーシックSEO

月額3万円(初期10万円) ※最短12ヶ月の契約となります。

エリア情報と御社サービスメニューを正しく検索サイトに認識させるSEO

※御社サービスメニュー(キーワード)が3件以上の場合、追加のお見積になるケースがあります。御社と関係の薄いエリアですと対応しても検索から評価されないケースもあります。サイトの規模やサイト状況によりお見積もり変更になります。Googleによるペナルティのケースも同様です。

エリア対応ローカル+ベーシックSEO

実績とTips

  1. SEO実績:アクセス数や検索クエリ
    (実際のログ解析やwebマスターツールの画面を公開)
  2. SEO実績:検索のランクアップ+ランク持続
    (検索ランクのグラフを公開)
  3. webサイトの軽量化とその効果について
    (計測ツールの結果を公開)
  4. schemaに対応した構造化データについて
  5. コンテンツ(文章)の構造化について
  6. SSLの有効性について:Googleのアナウンス+SSLの実際の有効性

webでのマーケティングstyle

現在のwebサイトでの集客や売り上げ改善についての考え方や進め方、改善について、基本は、やはり、「発想→仮説→実行→検証」を進めながらするかのか?この部分の元になる考え方についてご説明をします。

まず、発想(英語でいうidea)です。ここがないと仮説にも到達しません。しかし、発想というと、つい、斬新な、とか、ユニークな、といった方向に向かいがちだが、今の時代、本当に、斬新で本当にユニークなものが必用だろうか?

例えば、タブレットPC、iPadが代表的な商品なのだが、この商品が斬新でユニークであるのか?答えは、いろいろと考えられるが、このタイプの商品、つまり、タブレットPCは、hpがiPadの何年も前(記憶では8年ほど前)に発売していた。

つまり、決してiPadが、斬新でユニークな商品ではないとも考えられる。が、肌感としてはどうか?

 

続きは、こちら書いてみました。

フレームワークについて

こんな風に考えています。

考え方や進め方、つまり、どの様に発想→仮説→実行→検証するかのか?
この部分の元になるフレームワークについてご説明をします。

発想やアイディアというと、つい、斬新な、とか、ユニークな、といった方向に向かいがちだが、今の時代、本当に、斬新で本当にユニークなものが存在するのだろうか?

例えば、タブレットPC、例えばiPadなどが代表的な商品なのだが、この商品が斬新でユニークであるのか?答えは、いろいろと考えられるが、このタイプの商品、つまり、タブレットPCは、hpやIBM、スマートフォンまで同じレイヤーに捉えれば、・・・・も同じです。 続きを読む